DOWNLOADS

BROCHURE 01.pdf

Click on the icon to download the brochure

STAY IN THE LOOP

Subscribe to our newsletter to receive the latest offers

TESTIMONIALS

Recent Posts

資産監査

固定資産の確認では、すべての資産を並べて、その資産の保管場所と所有責任を特定します。 事業運営や財務管理の分野では、物的資産の正確な評価と検証が重要な柱となります。 物的資産は企業価値のかなりの部分を占めており、財務諸表の完全性、規制の順守、リスク管理、全体的な業務効率を確保するには、その適切な検証が不可欠です。

資産管理向けサービス

blank

物理的検証のみ

資産の検証のみをお求めの場合は、FAR レポートと実際のレポートを比較する専門的なサービスを提供できます。 これには次のプロセスが含まれます

  • 資産のカテゴリを特定する
  • 場所を定義する
  • 既存のデータを収集する
  • タグ付け
  • 比較
  • 最終報告書

完全な監査ソリューションと自動化

RFID、バーコード、またはビーコンを使用して資産の監査プロセスを自動化したい場合は、FAR レポートと実際の資産を自動化する専門的なソリューションを提案できます。 これには次のプロセスが含まれます

  • 資産のカテゴリを特定する
  • 場所を定義する
  • 使用するテクノロジーを定義する
  • タグ付け
  • オートメーション
  • FAR レジスタの比較
  • 最終報告書
  • 改善分野
  • CAによって認定されました
blank
blank

資産のアウトソーシング

より良い管理のために資産管理全体をアウトソーシングしたい場合。 コストと無駄の削減をお手伝いします

  • 専用リソース
  • フリーソフトウェア
  • 週次レポートと月次レポート
  • 消耗品の無料管理
  • 改善分野
  • 廃棄物管理の削減
  • 資産配分戦略
  • 会計年度報告書

正確性と完全性の確保: 現物資産検証の重要性

事業運営や財務管理の分野では、物的資産の正確な評価と検証が重要な柱となります。 物的資産は企業価値のかなりの部分を占めており、財務諸表の完全性、規制の順守、リスク管理、全体的な業務効率を確保するには、その適切な検証が不可欠です。

物的資産検証の重要性

1. 財務の正確さ: 正確な財務報告は、物的資産の正確な評価に大きく依存します。 機械や設備から不動産や在庫に至るまで、これらの有形資産はバランスシートに影響を与え、重要な財務比率に影響を与えます。 評価に矛盾があると、組織の財務健全性が誤って表現され、誤った決定につながる可能性があります。

2. コンプライアンスと規制: 規制要件を遵守するには、資産の適切な検証が必要です。 さまざまな業界標準と会計原則により、資産の一貫した評価と報告が義務付けられています。 遵守しない場合は、法的影響が生じ、会社の評判が傷つく可能性があります。

3. リスク管理: 定期的な検証は、潜在的な詐欺、盗難、または資産の悪用に対する予防策として機能します。 不一致を迅速に特定することは、資産の誤った管理または損失に関連するリスクを軽減するのに役立ちます。

4. 運用効率: 正確な資産記録により、運用プロセスが合理化されます。 資産の場所、状態、数量に関する詳細な知識は、メンテナンス、交換、または利用の計画に役立ち、全体的な運用効率が向上します。

物的資産の検証方法

1. 物理的監査: 資産の物理的検査と数え上げを実施することが主な方法です。 これには、チームが資産を物理的に見つけ、特定し、文書化し、記録との整合性を確保することが含まれます。

2. テクノロジーの統合: バーコード スキャナー、RFID (無線周波数識別)、または資産追跡ソフトウェアなどのテクノロジーを利用することで、検証プロセスが合理化されます。 これらのツールは、資産データの精度、速度、アクセスしやすさを向上させます。

3. タグ付けとラベル付け: 固有の識別タグまたはラベルを資産に割り当てると、追跡と検証が簡素化されます。 バーコード、QR コード、または RFID タグを使用すると、資産記録を簡単にスキャンして更新できます。

4. データ調整: 物理的なカウントと既存の記録を定期的に調整すると、不一致を特定するのに役立ちます。 不一致を調査してエラーを修正し、精度を維持できます。

課題と解決策

1. 規模と複雑さ: 複数の場所に多数の資産がある大規模な組織の場合、正確な資産レジストリを維持するのは困難な場合があります。 専門チームを雇用し、テクノロジーを活用し、標準化された手順を導入することで、これらの課題に対処できます。

2. 人的エラー: 手動によるデータ入力や監査中の人間による監視は、エラーにつながる可能性があります。 担当者をトレーニングし、検証チェックを導入し、自動システムを使用することで、これらのエラーを最小限に抑えることができます。

3. 技術の統合: 新しいテクノロジーやソフトウェアを導入するには、適応とトレーニングが必要です。 導入に対する段階的なアプローチと継続的なトレーニングにより、この移行をスムーズに行うことができます。

結論として、物理的資産の検証は、組織の財務の透明性、規制順守、リスクの軽減、業務効率の基礎となります。 組織の資産ベースの整合性を確保するには、堅牢な検証方法の採用、テクノロジーの活用、正確性と説明責任の文化の育成が不可欠です。

資産監査とは何ですか?

物理資産の監査は次の場合に必要です。

資産監査は物理的な検証プロセスです。 組織の資産の「公式リスト」と物理的に配置されている実際の資産を比較する。 この監査を実施することにより、組織の貸借対照表に記載されている資産が本物である(または物理的に存在する)かどうかを確認することになります。

組織の資産の存在と場所を確認し、その状態を評価することは、大小を問わず重要なビジネス タスクです。 それはコンプライアンスの義務です。

固定資産の確認では、すべての資産を並べて、その資産の保管場所と所有責任を特定します。
資産は、場所を移動したり、他の人に再割り当てされたり、交換されたりする可能性があります。会計では、在庫を追跡し、減価償却を計算するための正確なデータが必要です。

アセットが固定であっても、移動可能なものであっても、ペーパーレス環境ではより効率的に管理できます。 固定資産の監査は、資本資産と減価償却費の会計処理が経営目標に準拠していることを確認するために非常に重要です。

コストの最適化
業務規律を確保する
ESOP
合併または買収
株式公開
コンプライアンス要件 (OCC 規則 12 CFR 9、CARO の第 4(i) 条、IT ACT 2008、監査法 1994 のセクション 16AB - メルボルン
ベストプラクティス
ISO 27001:2013 資産の取り扱い

資産監査プロセス

監査の完全なプロセス

blank

資産監査はどのように役立ちますか?

まず、資産評価の実際のイメージを示します

固定資産監査では、会社が所有する資産とその資産の現在の状況を特定します。 固定資産監査は正確な貸借対照表を作成するのに役立つからです。 したがって、法規制への準拠が保証されます。 これらの固定資産監査に加えて、より優れた内部統制が提供されます。

また、さまざまな場所にある不要な資産、つまり減価償却がほぼ 0 になっているがまだ使用されている資産を特定するのにも役立ちます。 紛失または盗難された資産。

ビジネスは資産とリスクがすべてです。 顧客が資産であれば、競合他社はリスクになります。 資産を管理するということは、リスクを管理することを意味します

あなたにとって最も重要なリスクは何ですか?
生産リスク、投資家リスク、または顧客リスクに注目していますか?
健康と安全、環境リスクについてはどうですか?

今日、組織が直面している資産管理に関連するリスクは数多くあり、その結果の可能性や重大度は異なります。 多くの場合、これらのリスクの影響は完全には理解されていません。

必要なときに物理資産を操作できない場合、ダウンタイム中に収益が失われるだけでしょうか? それとも急ぎの配送による追加費用でしょうか? それとも、問題はもっと深刻で、JIT (ジャストインタイム) 製造環境での納品漏れが原因で顧客を永久に失う結果になるのでしょうか? 品質や顧客サービスに関する顧客の問題も同様の結果を招く可能性があります。

健康と安全、および環境違反に関連するマイナスの結果は、はるかに深刻になっています。 違反に対する罰金の額が増加するだけでなく、違反に対して懲役刑を科す管轄区域も増えている。

これに加えて、すべての民間および公共団体は、実際に所有する資産とその価値を確認し、関連する財務記録の正確性を確保するために、すべての固定資産の物理的なカウントを年に一度実施する必要があります。 国庫発行の最終資産管理ガイドで取り上げられているトピックの 1 つは、包括的な固定資産台帳を作成する必要があるということです。 固定資産台帳が作成されると、追加と処分により継続的に更新する必要があり(別の処分リストを維持)、資産は毎年ベースで減価償却する必要があります。 さらに重要なことは、資産の残存耐用年数と残存価値を最低限でも毎年見積もる必要があるということです。

固定資産台帳は、企業が決定した形式で維持されなければならず、その形式は、規定されている会計要件の要件に準拠するものとします。

資産監査報告書

監査の完全なプロセス

blank

なぜグリーンニコなのか?

blank

正しい経験

写真機器、スキャナー、検証ソフトウェアを使用して、Greenitco の在庫専門家が現場に出向き、各 FAR 資産を探し出し、その存在、資産の種類、場所、説明を確認します。

適切なツール

当社では、監査を管理するためのモバイル アプリと独自の資産管理ソフトウェアを備えています。


地理的存在

当社は複数の提携関係を持ち、25 か国 70 都市に拠点を置いており、低コストで監査をカバーします。

資産管理のアウトソーシング

blank

資産管理アウトソーシングとは何ですか?

完全な資産管理のアウトソーシング

資産を追跡することは、大小を問わず組織にとって課題となる可能性があります。 資産は、場所を移動したり、他の人に再割り当てしたり、交換したりすることができます。管理者は、資産の割り当て、使用状況、サービス履歴に関するレポートを求めています。 会計では、在庫の追跡と減価償却の計算のために正確なデータが必要です。

経営者は、資産の割り当て、使用状況、サービス履歴に関するレポートを求めています。 会計では、在庫の追跡と減価償却の計算のために正確なデータが必要です。

IT: 在庫の作成 (ソフトウェア/ハードウェア)、バーコーディング、タグ付け、廃棄、ソフトウェア ツール、保証、ソフトウェア コンプライアンス レベル。
サイト: 在庫の作成、固定資産および動産資産の分類、設備および機械のタグ付け、資産評価。
プロジェクト: 資産の移動、ベンダー、および新しい支店。
財務: 物的資産の評価、データベースの構築、保険ベンダーへの提供、公認会計士の監査、減価償却報告書、コンプライアンス状況。

資産に関する情報の管理と資産の保守をサポートするプロセスやツールは数多くあります。 組織の規模と要件に応じて、手動の紙ベースのシステムからスプレッドシート、EAMS (エンタープライズ資産管理システム)、ERP (エンタープライズ リソース プランニング) システムまでのツールが効果的に使用されてきました。

重要な問題は、組織に最も適したプロセスとツールを選択し、それらを効果的に使用することです。 このような状況では、ユーザーがシステムに何の価値も感じていないため、データの品質が低下したり不正確になったり、プロセスが使用されているシステムに最適化されておらず、手作業による介入が多用される非効率なプロセスが発生したり、データ入力の重複や、システムの改善が可能な場合に手動入力を使用したりする可能性があります。 データを管理します。 最終的には、多くの場合、システムに多額の投資が行われ、約束された利益はほとんど達成されません。

アウトソーシングとは、要件の収集、調達、資産の納品、資産のタグ付け、割り当てと割り当て解除、そして最後に資産の廃棄に至るまでの完全なプロセス管理です。
資産の数と組織の規模に応じて、資産を処理する専任のチームが必要

今年の驚くべき事実

125000+

ASSET VERIFIED

150+

LOCATION COVERED

1000+

LOST ASSET RECOVERED

4 Million +

MONEY SAVED

私たちの作業プロセス3ステップで

私たちのプロセスは検証のすべてのステップをカバーしました

blank

遠距離データ

すべてのカテゴリと場所の FAR データを取得して検証します。 要件を凍結する

blank

検証とタグ付け

徹底的に検証して既存のデータを比較し、すべての資産にタグを付けます。

blank

レポートとコンプライアンス

ギャップや問題点を見つけて、現状と改善点を含めて報告します。

お問い合わせ

ビジネス目標について当社のチームにご相談ください

当社の成功した監査と実証済みの方法により、次の質問に対して適切な回答が得られます。

企業の資産は実際にどこにあるのでしょうか?
この資産は真の価値を示していますか?
資産は適切に管理されていますか?
どの資産が十分に活用されていませんか?
重要な資産とは何ですか?
コンプライアンスレポート

当社の専門知識をさらに活用するには、当社のチームにお問い合わせください。

Please enter the reCaptcha public and private keys inside the admin panel!

認証と品質

当社の顧客

実際の現場監査写真

TOP

By continuing to use the site, you agree to the use of cookies. more information

The cookie settings on this website are set to "allow cookies" to give you the best browsing experience possible. If you continue to use this website without changing your cookie settings or you click "Accept" below then you are consenting to this.

Close